ゆめの なかで まちあわせ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
占いの話と今とこれからの私の話
なぜか、朝は嫌なことをたくさん思い出しておかしくなりそうになる。
満員電車も、本当に苦手になった。

申し訳ないけど、スーツを着た知らない男の人の体温が気持ち悪い。
辛いときは、音楽を聴いて、手で顔を覆ってやり過ごす。

一度でも途中で降りたら癖になるだろう。
だから、頑張ってやり過ごす。

***

ちょっとしたキッカケで、占いをした。

信じるか信じないかは置いておいて、言われたこと。

私が今、一生懸命進もうとしていることは、間違っていないみたい。
やらなくちゃいけないことは自分で分かっているみたいだし、今も少しずつやっているようだから、信じてやればいい。
それをやっていけば、恋愛も仕事も、おのずと進む方向が見えてくるって。

そんなことを言われた。

それを言われて、泣いてしまいそうになった。
言われた通り、自分でも分かっている。
それでも不安なんだよね。
本当に、大丈夫なのかしらって。
その不安を拭ってくれるような言葉だった。

自分を信じていい。
自分が相談したこと以外にも、すべてにおいてそうなんだ、と感じた。

私は色んなことを失敗して、そのことを考えては、後悔したり気持ち悪くなったりする。

何で気持ち悪いかって、自分を騙しているところがあったから。
でもちゃんと、それに気づけたから、きっと、いいんだ。

ぐるぐる遠回りしてきていること自体は、無駄だったとしても、その、最終的に自分の選んだ道が合ってさえいればいいかな。

合ってないなんてこと、ないんだろうけどね。遠回りしてまで選んだ道なんだから。

そして、やっぱりSNSは良くないみたい。
情報が多すぎてそれは私には害だと言われた。

だから、思いきっていろいろやめたよ。
アカウントだけ残しておくのも、何となく嫌だとも思うくらいだから、大当たりだね。

細かいアドバイスは色々いただいたけど、
結局は、あんた自分で分かってるんだからそれを進めなさいってことだった。

頑張ってください、だって。

おう、頑張るよ、それで大丈夫でもそうでなくても、頑張ることなんだから、もうやるしかなかったね。

占いなんて、ここまでちゃんと決めたことがあったら、必要なかったのかもね。

***

朝の、あの辛い気持ちも、前に進むバネにしよう。

今はまだ錆び付いたバネで、使い物にはならなそうだけど、今のうちによぅく磨いておくよ。

だから今はしばらく大人しくしておきます。

このブログも潰したいくらいだけど、ここには私の大事なものも残っているから、このままにしておこうかな。

というわけで、皆さんまたどこかでね。

- comments(0) trackbacks(0)
湯けむりの誘惑
2月になりました。
もう、今年に入ってそんなに経ったのか。

私の仕事は反復作業の仕事なので、
午前中のまだ脳みそが元気なうちは、たくさん考え事をします。
絵本のアイディアだったり、自分や誰かの将来のことだったり、
今日の献立だったり。
1月も色んなことを考えたし 絵も描いたし 話し合いもしたし
だからちゃんと進んでる、向かってる、わたし。
丁寧に生きていきたいな。
こうしてやったことを時々振り返って、
歩いてきたところにしるしをつけて行きたい。


うちから歩いても5分のところに温泉の出ている銭湯があって
最近、よく行きます。
ちゃんと水風呂にも入るといい、と聞いて
それを試してみています。自律神経にいいらしい。
私なんか整体師に驚かれるほどの肩こり持ちだし、
冷え症だし、なんとなくいつも体調が良くないし
めっちゃいいんじゃん、それ、と思って。
お肌つるつるになるしちょっと続けてみます。

銭湯は気持ちいいし、おもしろいです。
色んな人の身体があって、それはその人それぞれの歴史で
みんなすごく綺麗。
太っていても痩せていても、
おっぱいが大きくても小さくてもとった後があっても。
年齢でも全然違ってくるし。
それをぼんやり眺めながら
自分の中のくらくらするくらいの血の巡りを感じています。
みんな、銭湯いこ、銭湯。

よし、今月もがんばろうかな。
日常 comments(0) trackbacks(0)
あけましておめでとうございます。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。



ぺこり

文鳥すももと年を越しました。
すももはすやすや寝ていたけどね。



お祝いなので大好きなみかんをあげました。
みかんは味を覚えたみたいで皮を剥きはじめるとすぐに寄ってきます。
可愛いすもちゃん。


お正月休みは実家にも帰らずに絵を描いていました。
新年早々、全然うまくいかなくてうんうん。

初詣には行きました。
おみくじを引いたら末吉で、
「今はうまくいかないけれど 後になって叶います、
その為に今のうちから努力しましょう」みたいなことが書いてありました。
なんだか今の自分にぴったりでびっくり。
信じて頑張ろうと思います。


今年の年賀状。



今年も一枚一枚手描きでね。


昨日から仕事始めで頭ぼんやり。うまくまとまりません。
なのでこの辺で。

皆さんにとって素敵な一年になりますように。
日常 comments(0) trackbacks(0)
2014年
気付いたらもう大みそか。大変ご無沙汰してすみません。

今年はあんまり更新できませんでした。でも、ちょっと振り返ってみようと思います。
私にとっての、絵のこと、夢のこと。

はっきり言って、苦しいことや悔しいことばかりでした。
何もやれていないことを認めることができなくて、
でも やっぱり心のどこかではちゃんと分かってて、その場でただ焦っているだけでした。
そればかりか 頑張って良い方向へ進んでいく友人を、妬んだりしていました。
本当は応援したかった。
うまくいっている報告や色んなひとのアドバイスになるような言葉も
見ないように、知らんふりするようにしていました。

つらかったな。誰にも相談できなかった。

でも今ここに このことを書くことができているということは
ちゃんとそのことに向き合って 進もうと思えた、ということです。
もう、ゆっくりだけど 始めています。


あと、ブログのことですが、、
長い文章を書く余裕がなくなってしまったのと、
ラクガキでもちょっとずつ絵をアップしていきたいのとで
こことは別に絵日記のような場所を新設するかもしれません。
するかも、ですが…

ここは余裕のあるときにのんびりやろうかなと思っています。


少し暗いことを書きましたが 終わりよければすべてよし、
進むための踏み台をつくることができたので
今年はきっとっきっと良い年だったはず。

皆さんありがとうございました。
良い年をお迎え下さい。

2014年12月31日 あわづ まゆこ
- comments(0) trackbacks(0)
朝の呼吸
またお久しぶりしてしまいました。

言い訳をすると、引越しをしたので忙しくて、心の余裕がありませんでした。


新しい部屋は、住宅街で、駅から少し歩きます。
私は 静かな朝の道を、まだ目覚めたばかりの空気を吸いながら歩くのが好きみたい。
電車の窓からのまぶしい景色も。
前の部屋は駅から徒歩1分 走って30秒で、好立地だったんだけど
そんな余裕はなくて、しかも地下鉄だったので
ちゃんと朝の光を浴びるのは駅から職場へ歩く道だけでした。

それも同じ朝の光なんだけど、なんか違うんだよね

やっぱり部屋から出てすぐの外の空気って、大事なんだと思います。

私は 息を吸って吐くことから季節を感じているんだと思う。

季節でもなんでも、感じるってことは ものを考えることで
それは絶対に自分の中からなくなってはいけない部分です。

頑張ろう。部屋が広くなって、私の作業スペースもできたし、
もっと自分で何かを動かし始めなきゃ。
ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
遅くなった展示のお礼と、積み重ねる思い出の話
遅くなりましたが、、、



8月26日からのグループ展は無事に終了しました。



来て下さった方、会いに来て下さった方

情報を広めて下さった方、

やっているな、と気にしてくださった方も

本当に、ありがとうございました。



会ってくれた方はもちろん、観たよって連絡してくれる方も

何も言わずに芳名帳に名前だけ残してくれる方も。

すごくすごく嬉しいです。



お礼の葉書、送らなきゃな。

SNSやブログを、見てない方もいるからね。



また、予定が合わなくて来られなかった方も、先ほどホームページに展示作品5点をアップしたので、

観てもらえると嬉しいです。

http://utatane419.moo.jp/





9月になって急に空気が秋になりましたね。

涼しくなって、寒くなると 切ない気持ちがどこからともなくやってきて

なんだろうと思っていたけど、

寒さと寂しさの感覚って、似ているからなんですね。

それと、空気のにおいや温度から、もう 忘れている記憶も呼び起こされて、

秋から冬って、とても切ない。



そんな切なさになびきながら、今引越しの準備をしています。

それなりに思い出の詰まった2年ちょっと住んだ部屋を出るので

秋の、センチメンタルな記憶が増えそうです。



と言っても引越し前って忙しくってそんな気持ちにはまだちょっとなれないな。

きっと新居に落ち着いたら思うんだろうな。

でも、多分もう戻って見てみたりはしないんだろうな。



私は、思い出をたどるよりも、

はやく、もっと大人になって、もっとたくさんの思い出を積みたいです。
制作 comments(1) trackbacks(0)
展示のお知らせ
すみません、、かなりほったらかしていました。

急ですが、展示のお知らせです。

Graphic Art exhibition < 2014.August vol.2>
〜クリエイティブ表現の現在〜

2014年8月26日(火)〜8月30日(土)
※日・月・祝日休廊

火曜日〜金曜日 13:00〜19:00
土曜日(最終日) 13:00〜16:30

http://www.recto.co.jp/verso/g-art14082

レクトヴァーソギャラリー
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13第2イノウエビル#301・401
Tel 03-5641-8546   Fax 03-5641-8547
http://www.recto.co.jp/verso


ギャラリー主催の4人展です。
私は5点ほど展示する予定です。

在廊はできないそうですが、連絡を早めにいただければ待ち合わせは可能です。
もちろんこっそり観に来てくださるのも大歓迎です(o^^o)


 
続きを読む >>
制作 comments(0) trackbacks(0)
新緑のにおい
ちょっと風邪をこじらせてました。

いや ちょっとどころじゃないな、盛大に。
初めて仕事を一週間も休んじゃったし
初めて点滴なんかもしたし、それに通わなくっちゃで、ちょっと悲しいGWだったかな...

でもね
鼻がおかしくなったので匂いが全くわからなかったのですが
やっと分かるようになったその瞬間の 外の、緑のにおいはとても気持ちよかったです。
新緑の元気なにおい。

あと、すもも。
うちにいる文鳥のすももは、私が咳き込むと、心配そうな顔で覗き込むのです。

どうしたの?だいじょぶ?

いろいろあったけど今は元気。
風邪はこじらせると大変ね ほんとに。
みなさまもお気をつけてね。

というか 今はパソコンの調子が悪くてどんより中...

お出掛けしたいなぁ。
日常 comments(0) trackbacks(0)
くまちゃんのこと
動物は、生きていることが貴重でとてもすごいことなんだということを
本能的にわかっているのかもしれない。
うちにいる文鳥すももは、朝 目が覚めるととても嬉しそうに歌い出す。
今日を始められることが、うれしくて仕方ないみたいに。

茨城の実家にいた、猫がお星さまになった。
治す方法のない、こわい病気のせいだった。
うちに来てまだ数ヶ月しかたっていない、子猫だった。

その猫はくまちゃんという名前で
素直で誰とでも仲良くしようとしてくれる子だった。
たまにしか帰らない私でも、きっと、もっと仲良くなれたよ。
病気のことを聞いて会いに行ったのが最後なんて、なんて悔しいことだろう。

ほんとうに、よく鳴く子だった。
言葉が通じなくても、伝えようとすれば伝わること
そして 自分に残されている時間が、長くないことを知っていたのかもしれない。
動物って命に関してとても前向きなんだと思う。
もし動物が命にネガティブになるとしたら、それはきっと人間のせいだ。

くまちゃんの火葬に、私は行けなかった。
亡骸を見るのが怖かったのかもしれないし、たくさん泣いてしまうのが嫌だったのかもしれない。

最後まで迷って、結局行けなかった。

くまちゃん、ごめんね
そんなこと、くまちゃんは気にしてないの、分かってるけど、ごめんね。


私は、すももみたいに朝が嬉しくないし くまちゃんの死を受け入れられなかった。
命に対してネガティブになっているのかな。
死んでしまいたいとかではなくて、命という問題から逃げているのかもしれない。


---

くまちゃんがいなくなってから約一週間経った昨日、やっとくまちゃんにお花とお線香をあげに行った。

くまちゃんのこと、そして2年前にいなくなった犬のももちんを 忘れないでいることが、命の問題から逃げないでいる方法になるんだと思う。

くまちゃんの一生は短すぎて確かに運命は残酷だったけど
楽しいことや嬉しいことをたくさん教えてもらったよ。

くまちゃん ありがとうね。

 
ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
雪がまた降っています。

今朝、こないだの固まった雪の上にきれいな雪が積もり始めていて、
同じ雪なのに、全然色が違うことに複雑な気持ちになりました。

雪は卑怯です。
汚いものだけじゃなくてきれいなものも、全部隠して真っ白にしちゃう。
白という色の清潔さのせいで、なにが本当に美しいのか分からなくなります。

きっと、汚なく見えるあの固まった雪も、本当は美しいんだろな。

新しいものは清潔さという美しさを持っているけど
それに負けない色を塗り重ねていきたい。
ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
| 1/24 | >>